緊急時に即日キャッシング

総量規制について

急ぎで現金を借りたい場合に便利な即日キャッシングのサービスですが、借り入れする金額には上限があり、幾らでも借りられるというわけではありません。2010年に施行された総量規制と呼ばれる法律があり、年収に対して3分の1以上の金額を借り入れ出来ないように定められています。

これら企業1社に対しての借り入れではなく、消費者金融やクレジットカードの全体額で計算あれます。そのため、これら貸金を行う業者は他社の融資情報が幾らかを共有しているのです。また基準が年収の3分の1だからといって、最初から上限額まで借り入れ出来るというわけではありません。

利用するのが初めての場合であれば50万円の収入額は自己申告ということになります。収入証明書に関しては原則的に不要です。例外的に銀行系のカードローンでは、総量規制の対象外になっており、審査に受かれば総量規制の制限を受けずに借り入れすることができます。

キャッシングは非常に便利な反面で使い方に気をつける必要があります。総量規制で借り入れの上限額が定められていますが、実際に上限額まで借り入れを行うと返済に要する時間はかなり必要となります。キャッシングは日常的に使用するのではなく、緊急時などに計画的な利用をする必要があります。

キャッシングで失敗しないためには、自分の収入と支出を正確に理解しておくことが重要です。インターネット上では返済計画を手助けするための返済シミュレーションのサービスを多くの企業で提供しています。フォーマットに基づいて入力することで返済期間や月々の返済金額を知ることができますので、借り入れ前の試算に利用されるといいでしょう。